2019年08月09日

アンサンブルの会&音楽講座

皆さん、こんにちは。
暑い毎日ですが
体調を崩されていないでしょうか?

さて、ヴァイオリン&フィドル教室では
8月11日(日)に
「アンサンブルの会」と
「第10回音楽講座」を開催します。
詳細はこちらでご確認ください。
http://y-hirano.skr.jp/live.html

「アンサンブルの会」は
単発で受講できる会で
事前に楽譜をお渡しし
練習をしておいていただき
その日に集まって
一緒に音を合わせましょう
という会です。

教室には、2,3ヶ月に1度のペースで
定期的にレッスンを行う
「合奏コース」があるのですが
ちょっと敷居が高いと
感じる方もおられるようです。

そのような方のための
「アンサンブルの会」

みんなで楽しく合奏したい♪
という方は
お気軽にお問い合わせください。
教室の生徒さんでなくてもOKです。

「音楽講座」では
ヴァイオリンのテクニックや
音楽表現に関する内容
そして、演奏に活かすための
音楽理論や聴音などを
お話と実習という形で
行っています。

どなたでも参加OKですので
理論や聴音は
やったことがない方の
ご参加もお待ちしています。




平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
ブログ「音とアートとヒーリング」:http://arts-healing.sblo.jp/

posted by YUKI HIRANO at 10:56| ライブ&イベント

2019年05月10日

フラワーエッセンス研修

皆さん、こんにちは。
GWが終わり
いつもの日常に戻りつつあります。

このGWは
フラワーエッセンスの研修で
飛騨へ行っていました。

フラワーエッセンスのことは
まだご存知ない方も
多いかもしれません。

フラワーエッセンスは
お花のエネルギーを
お水に転写したものなのですが
お花によって
その個性は異なります。

私がフラワーエッセンスのことを知ったのは
20代の頃だったでしょうか。

その頃はとても忙しく
心が疲れていたので
アロマの精油に
サポートしてもらうことが
しばしばありました。

そんなある時
ふと手にしたアロマの本の中に
フラワーエッセンスの情報を
見つけたのです。

そこには
エッセンスを飲んだ
クライアントさんが
徐々に変化していかれる様子が
書かれてありました。

アロマの精油は
植物を採取して
そこから精油を抽出するので
薬理的な効能がありますが
フラワーエッセンスは
水にエネルギーを転写するだけなので
そのようなものはないはず・・・
なのに、どうして??

不思議だなーと
当時の私には
どう捉えたらいいかわからず
そのまま放っておいたのですが
それから数年後
どうにもこうにも辛い時期があり
すがるように
エッセンスを購入しました。

これがフラワーエッセンスとの
関わりの始まりでした。
それ以降も節目節目で
エッセンスのサポートを
得ています。

私たちは大抵
自分の本来の姿
自分の本質を
忘れてしまっています。

でもそれは
失ってしまったのではなく
自分の中にあることを
忘れてしまっているだけだと
感じています。

フラワーエッセンスを摂ると
自分の中にある
その花たちと響きあう質が共鳴するので
自分の中に
そのような質があることを
少しずつ思い出していくような
気がします。

そのようにして
私たちは1つ1つ
本来の自分を
取り戻していくのかもしれません。


大きな木.jpg

今回の研修には
自然との関わりを
もう一度取り戻すために
参加しました。

帰阪してからも
時間をみつけては
外にでかけ
植物に会いに行っています。



平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
ブログ「音とアートとヒーリング」:http://arts-healing.sblo.jp/

posted by YUKI HIRANO at 18:50| ライブ&イベント

2019年03月11日

甲南・花結日イベント

先日の3月3日は
甲南学園主催イベント
第4回『梅と文化の花結日』で
演奏をさせていただきました。

hanamusubi.jpg

このイベントは
毎年面白い企画をされているのですが
今年は未生流家元の肥原慶甫さんの
いけばなライブとワタシの
ヴァイオリン&フィドルコンサート
という企画でした。

家元が活けてくださった
竹とお花のいけばなの中での演奏るんるん

konan.jpg

植物は大好きなので
とても嬉しい企画でした揺れるハート

今年は甲南学園創立100周年という
記念の年だそうですが
これまでの音楽人生の
集大成となるようなプログラムを
演奏させていただき
私自身にとっても
大きな節目となる
コンサートとなりました。

長年やっているクラシック
2000年から始めたアイリッシュ
そして・・・
そのアイリッシュユニットROOTSで
ご縁があって演奏していた
貴志康一さんの作品を
演奏しました。

貴志康一さんは
甲南のご出身でもあるのです。

そして個人的なお話になりますが
私が音楽の道を選ぶきっかけを下さった
指揮者、故小松一彦先生が
ライフワークとして取り上げておられたのが
貴志康一さんの作品なのです。

私は小松先生の大ファンでしたので
またお会いする機会があれば
色々お聞きしたいと思っていたのですが
後伸ばしにしている間に
数年前に旅立たれてしまい
会いに行かなかったことを
ずっと心のどこかで
後悔していました。

でも、このイベントで
貴志さんの曲を準備しながら
もし先生が
私が貴志さんの曲を演奏していると知ったら
きっと喜んで下さっただろうなと
想像することが出来て
気持ちが晴れました晴れ
このような機会をいただけたことを
感謝しています。

お世話してくださった皆さま
ご来場くださった皆さま
ありがとうございましたぴかぴか(新しい)



平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
posted by YUKI HIRANO at 21:43| ライブ&イベント