2022年07月11日

発表会が終わりました

皆さん、こんにちは。

ふと見ると、前の投稿は2月だったのですね ふらふら
恐ろしいです。。

さて、6月の下旬に、教室のヴァイオリン・フィドル・ヴィオラ・合奏コースの発表会を、無事に終えることが出来ました。

2022発表会3.jpg

コロナ禍で色々と心配していましたが、出演者・お客様とも、皆さん無事に元気でいらっしゃるようなので、ホッと一息ついているところです。

私の教室では、2年に1度、参加希望の皆さんと一緒に、大きな発表会を開催しています。今年は嬉しいことに、初めて参加される方も増えて、時間内に終えられるかどうか心配したくらいでした。

以前なら、全員のリハーサルを終えて、本番という流れだったのが、密を避けるために、二部制で完全入れ替えにしたため、リハーサル・本番・消毒・リハーサル・本番という流れで、その間30分ごとの換気休憩を取る必要もあり、ドタバタ走り回ることにダッシュ(走り出すさま)

でも、ご出演の生徒さんや、保護者の方が、準備や消毒のお手伝いに駆けつけて下さったおかげで、無事に安心して進めることが出来ました。本当にありがたいことでしたぴかぴか(新しい)

ご出演が初めての方も多かったので、数か月前から、おじぎや演奏する時の楽器の向きなどを練習してきたのですが、ヴァイオリンって、前方斜め左方向に楽器を向けて立つので、おじぎの立ち位置と、演奏の立ち位置が少し異なることもあるんですね。

そのため、レッスンでは、斜め方向に向いたまま、おじぎをしてしまう小さな子どもたちが(いえ、大人たちも)続出し、どうしよう?と考えた末、当日はこのようにしてみました。

2022発表会1.jpg

結果は、バッチリグッド(上向き矢印)小さなお子さんも、下をみて、足を合わせていました。Lovely黒ハート

合奏コースの皆さんによる演奏は、距離を取りながら・・・次回は、もう少し近く立って演奏したいです!ピアノを弾いているのは、私です(笑)

2022発表会2.jpg

合奏では、皆さんのレベルに合わせて、簡単なパート譜もご用意していますので、様々なレベルの生徒さんが一緒に演奏しているのですが、その雰囲気をご覧になり、次回から参加したいと言ってくださった生徒さんもいて、嬉しく思いました。

保護者の方も、自分の子どもより年上の、お兄さん、お姉さんの演奏を聴いて、「あんな風に演奏できるようになるんだと感動しました!」と伝えてくださったり、子どもたちも「2年後は○○が弾きたい!!」と、とっても難しい曲を言ってきてくれたり、、、色々な刺激を受けたようです。

本番で、少し間違えて悔しがっていた生徒さんもおられたようですが、それも含めて、皆さんにとって、いいい体験になれば、と願っています。




平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
セラピーHP:http://arts-healing.skr.jp/
セラピーブログ「音とアートとヒーリング」:http://arts-healing.sblo.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
posted by YUKI HIRANO at 00:07| ライブ&イベント

2021年08月02日

ねむの木

皆さん、こんにちは。
毎日暑い日が続いていますが、お変わりありませんか?

今朝やっと、我が家のオクラの花が咲きましたexclamation

おくら.jpg

オクラは朝咲いたら、夕方にはもう閉じてしまうんですね。
1日花だと聞いていたので、何度何度もお花を見にいきました(笑)

オクラを育てるのは初めてで、種から育てたのですが、最初はもやしのようなものが出てきてビックリし、双葉が生えてきたと思ったら、誰かさんに食べられて穴だらけになり、梅雨時期にはナメクジさんが出てくるので毎晩夜回りをし、色々と心配をしましたが、しっかりと育ってくれています。

この後、どんな風に実がなっていくのか、楽しみです。

今年も半分以上過ぎましたが、最近の嬉しかったことは・・・
いつも通っている道に、ねむの木が1本生えています。このあたりには、この1本しかないと、ずっと思っていたのですが、近所の色々なところに、ここにも、ああ、ここにもと、5本も生えているのを見つけて、友達が一気に増えたような感じで、とても嬉しいですハートたち(複数ハート)

ねむの木は、「ねむの木学園」に興味を持ったことがきっかけで、どんなお花なんだろう?と興味を持ったのでした。子どもの頃のことです。

いつか、ねむの木学園に行って、宮城まり子さんに会いたいなぁと、子ども心に思っていたのを、思い出しました。

「ダメな子なんて一人もいない」という宮城まり子さんのように、障害があってもなくても、1人1人の中にあるものを大切にしたい、それを引き出すお手伝いがしたい・・・そんな、自分の中にある思いを、改めて思い出していました。


自然が、響きを通して、思い出させてくれる。
わたしの本当の姿を。。

夕焼け2.jpg

耳を澄ませてみる
微かなその音に。。

夕焼け1.jpg






平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
セラピーHP:http://arts-healing.skr.jp/
セラピーブログ「音とアートとヒーリング」:http://arts-healing.sblo.jp/








2021年06月26日

小さな弾き合い会

皆さん、こんにちは。
アジサイの花が綺麗な季節ですね〜ぴかぴか(新しい)

最近、我が家では、オクラを育てています。
本葉が出てきたので、大きなプランターに植え替えたのですが、ある日よく見たら、アブラムシがいっぱい葉っぱの裏についていて、思わず、ギャーと叫んでしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

なんだか最近、葉が食べられているなーと思ってましたふらふら

科学的な薬品は使いたくないので、色々検索して、家にあるものでスプレーを作り、根気よくシュッシュし、やっとアブラムシさんはいなくなりました。。ホッと一息つきながらも、毎日葉の裏までジロジロ目みています(笑)

さて、久しぶりに教室の話題です。

私のヴァイオリン・フィドル教室に、平日がお休みの生徒さんがおられるのですが、その方はずっと発表会に参加できていませんでした。発表会が日曜日にあるからです。

人前で演奏したくない方もおられますが、この方にお尋ねしてみると、関心はあるとのこと。それで、8月19日に小さな弾き合い会を開催することにしました。

当初は、その方の前後の生徒さんと2、3人でお互いの日ごろの練習を弾き合う、聴き合う時間が持てたら・・・と思っていたのですが、平日に時間が取れそうな方々にもご連絡をしたら、7名の方が「出たい」とのお返事で、にぎやかな会になりそうです!

このところ、教室には、私より人生の先輩にあたる方々が増え、初心者の方や少し経験はあるけれど「基礎から学びなおして、1曲でいいから綺麗に弾きたい」と熱意のある方が来て下さっていて、私自身も刺激を受けています。

いくつになっても興味のあることに挑戦するお姿、成長したいと思われ、努力されるお姿には、尊敬の念をいだきます。

今回は大人の方々ばかりの会になりますが、学びにきている子どもたちにも、こんな熱意に触れてもらいたいと思っています。

今はコロナ禍で、大人数で開催することが難しいですが、「弾けるからすごーい」「弾けないからダメ―」ではなく、学び始める時に感じていたはずの「やりたーい」という気持ちを思いだせる機会を、持ちたいものです。




平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
セラピーHP:http://arts-healing.skr.jp/
セラピーブログ「音とアートとヒーリング」:http://arts-healing.sblo.jp/


posted by YUKI HIRANO at 11:50| ライブ&イベント