2019年04月22日

表現教室を始めます

皆さん、こんにちは。

この度「自己表現教室」を
始めることにしました〜ぴかぴか(新しい)

音楽をやっている方も
やっていない方も
どなたでも来ていただけます。

「自己表現」という言葉は
「自分を表現する」という意味で
使われることが多いかもしれません。

私にとっての「自己」は
私たちが自分自身と向かい合い
自分を不自由にしている様々なことに気づき
不要なものは手放していったり
勇気を持って自分の課題に挑戦していくことで
「私とは誰なのか?」
「私は何者なのか?」を
思い出していくプロセスの先に
あるものなのです。

その意味において自己表現は
「わたしの魂の表現」と
言えるかもしれません。
そして、それは全ての人の中にあり
とても美しく
唯一無二のものなのです。

この「自己表現教室」では
そのプロセスを一歩一歩行っていきます。
まずは、今の自分の状態に気づき
それを認め、受け入れるところから
冒険の旅は始まります。

「思いはあるのに、うまく表現できない」
「もっと積極的に人生を生きたい」
「自分と向き合って、自分を変えたい」
などの課題をお持ちの方や
「より自由になりたい」
「自分らしく生きたい」
と思っておられる方は
HPをご覧になっていただき
どうぞ気軽にお問い合わせください。
http://y-hirano.skr.jp/

私自身のことになりますが
私にとって「表現する」ことは
子どもの頃からのテーマでした。

本当の自分の気持ちを言えば
周囲と摩擦が起きたり
人が困るのではないかと思い
それを避けるためには
人に合わせなければいけない。
そんな葛藤の日々だったように
思います。

頑固な私の場合は
合わせているつもりでも
合わせきれない部分が
多々露呈していたと思いますが〜わーい(嬉しい顔)

当時は、自分が黙っていればいい
自分が我慢していればいいと
思っていましたが
違いました。

それでは自分が生きられないのですね。
そんな生き方を続けているうちに
自分が何を望んでいるのか
自分は何を感じているのかさえも
わからなくなってしまいました。
私は行方不明になりました。

でも、私の中の深い部分では
ちゃんとわかっていたんですね。
そんな私に「こっちだよ」と
微かなサインを送ってくれていたと
思います。

霧の中、どこに行けばいいか
わからなくなってしまい
半ば自暴自棄になっていた私に
ふと、ある考えが降ってきました。

それは
「私たちはみんな、つながっています」
「心の中に感じたこと、頭で思ったことは
他のみんなと影響しあうのです」
というような内容でした。

それは、インスピレーションのように
瞬間的に降っておりてきたのですが
なぜか私には「それが真実だ」
という感覚がありました。

そのようなつながりがあるならば
黙っていても、合わせているつもりでも
実は、それが表わされていて
他の様々な存在と影響しあっているのだと
思いました。

そして、自分の思うこと、考えることには
「自分だけがよければいい」
ということなど1つもなく
そこには自分が発するという責任が伴うと
感じました。

この日のこの一瞬の出来事で
見える景色がまるで変わりました。
それは比喩ではなく
本当に目に見える景色が
変わったのです。

あんなに長くずっと苦しかったのは
何故なんだろう?と思う位に
生きやすくなりました。
一瞬で、このような状態に変化することも
体験を通して知りました。

もちろん、実際にはここから
色々なことをリハビリしたり
色々なことに挑戦していくことが始まるのですが
それは、これまでのように
辛く、苦しく、希望のない道ではなく
自分を癒す道であり
自分を成長させる道で
生きていることを
より実感する旅となっています。

これからも旅は続きます。
一緒に旅をしてみませんか?



平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
ブログ「音とアートとヒーリング」:http://arts-healing.sblo.jp/

posted by YUKI HIRANO at 11:30| レッスン

2019年02月04日

レッスンの好きなところ

皆さん、こんにちは。
今日はあたたかい一日でしたね。
これから春に向かうのですね。ぴかぴか(新しい)

さて、私は
ヴァイオリンのレッスンをしていて
生徒さんたちの感性に触れる時
とても嬉しくなります。

感性と書きましたが
その言葉では表すことができない
その人の持っている独自のもの。

みんなの中に
それが眠っている。
それに触れさせてもらうことができて
それが芽吹くように
ふわっと表れてくる時
この仕事をしていてよかったと
思います。

そうか、私は
そういうことが好きなんだなと
改めて認識しています。

だから
音楽だけではなくて
アーツセラピーや
声のヨガや
ヒーリングも
やっているんだなと
思います。

どれをやっていても
その部分が好きなんだなぁと。。



平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
posted by YUKI HIRANO at 16:22| レッスン

2016年08月01日

レッスンでの1コマ

皆さん、こんにちは。
今日は暑かったですねぇ〜晴れ

今月は、私が講師をしている、art point music school の
ヴァイオリン/フィドルコースの発表会があるので
プログラム作りや、段取りの準備に追われていますあせあせ(飛び散る汗)

私のクラスは「ヴァイオリンをやりたくてもやれなかった
大人の方に来て頂きたい」という思いからスタートしたので
大人から楽器を習い始めた方が多いのですが
この頃、お子さんの入会も増えてきました。
ご自分のお子さんを連れてきて下さる方もいるので
嬉しいことだなぁ〜と感謝しています。

以前から、大人の方のレッスンは好きだったのですが
最近、こども達のレッスンも面白くなってきました。
年齢的なこともあるのかもしれません。
子どもたちのレッスンは、大人の方のレッスンと違う
面白さがありますね〜!

小さなお子さんのレッスンでは
リズムを手でたたいたり
リズムをヴァイオリンで弾いたりしています。
手をつないで、ダンスをすることもあります。

字も読めない年齢の子も、記号には興味があるみたいで
私に「てんてんして〜」と、五線譜を持ってきます。
五線譜のノートの表紙には、音符のイラストが描かれていて
子どもたちはそれが好きみたい。
私に、「えっと、これ〜(描いて)」とお願いしてきます。
点線で音符や記号を描くと
それをなぞって、嬉しそうにしています。

指している音符や記号をみて
「これは、はちぶおんぷ だよ。」とか
「はちぶおんぷには、おひげが1つあるよ。」
「じゅうろくぶおんぷには、おひげが2つだね〜」
と声をかけながら、点線で描いています。

先日も「これ描いて〜」と音符を指していうので
8分音符を点線で描いたら、それを指して何かを言っています。
よく聞くと、「ふたちゅ〜(2つ)」と言っています。
よくよく見ると、16分音符を描いてほしいと言っていたのに
私が間違えて、8分音符を描いてしまっていたのでした・・・たらーっ(汗)
はい、先生の間違いですぅ〜おひげは2つでしたねぇ〜
みんな、いつの間にか、覚えているんですね〜すごいです。
私は、日ごとに、色々なことを忘れていくような。。(汗)

音符を描いた後は、その五線譜を譜面台に置いて
「ばいおりん、する〜」と言って、音符だけではなく
ト音記号も、休符も、#(シャープ記号)も弾いてくれます!
キラキラした目で、「できた〜」と嬉しそうな顔。

大人になると忘れてしまうことを
目の前でみせてくれる子どもたち・・・
有難い存在ですぴかぴか(新しい)


平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
posted by YUKI HIRANO at 23:47| レッスン