2019年08月30日

声を自由に

皆さん、こんにちは。
秋の気配がしていますね。

私のレッスンには
親以外の大人には
話をすることが出来ない
お子さんが来ています。

最初は玄関から部屋にも
入れない状態で
恐竜になったり
動物になったりしながら
部屋まで入ってもらって
いました。

部屋に入っても
ゴロゴロしているのですが
それに合わせて
即興で音を出したりすると
面白がって
動きを変えたりするので
またそれに合わせて
音を出していると
動きの波が大きくなり
いつの間にか起き上がって
ヴァイオリンを構えられる状態に・・・
そのような遊びを交えての
レッスンが続いていました。

その子はいつも
本棚にある1冊の本に
興味を示し
それを指さすのです。

それがこの本

声を自由に.jpg


これは私が学んでいる
『Yoga of the Voice』のことが
まとめられている本で
シルビア・ナカッチ先生が書き
日本語訳版として
出版されているものです。

タイトルは
「声を自由に!!」ひらめき

当時、まだ小さかったそのお子さんは
おそらく漢字も知らなかっただろうと
思うのですが
いつもレッスンに来ては
この本の下部にある
グルグルのイラストを
指さしていました。

大人に対して
声でのコミュニケーションが
取れないその子が
「声を自由に!!」
というタイトルの本を
指さしている。

「これが好きなの?」と訊くと
首を縦にうなづく。

そのことに驚きながらも
「○○くんにピッタリの本だね」と
声をかけました。

あれから数年経ち
玄関から人として
入ってくることが出来るようになり
レッスン中も彼の口から
声が漏れるようになってきました。

そんな今も
本棚をみては
この本を探しています。

必要なことは
みんな、どこかでわかっているんですねぴかぴか(新しい)

声を自由にしていくことで
生き方も自由になっていきます。
そのように
私らしく生きていくことを目指して
「声のヨガ・ワークショップ」を
開催しています。

次回は
9月8日(日)13:00-16:00
JR千里丘駅近くのスタジオにて。
詳細はこちらをご覧ください。
http://y-hirano.skr.jp/live.html

シルビア・ナカッチ先生の
「ヨガ・オブ・ボイス」の
メソッドに基づいていますが
参加者の方々に合わせた形で
行っていきますので
初めての方も安心して
お越しください。




平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
ブログ「音とアートとヒーリング」:http://arts-healing.sblo.jp/

posted by YUKI HIRANO at 12:24| 声のヨガ