2016年08月01日

レッスンでの1コマ

皆さん、こんにちは。
今日は暑かったですねぇ〜晴れ

今月は、私が講師をしている、art point music school の
ヴァイオリン/フィドルコースの発表会があるので
プログラム作りや、段取りの準備に追われていますあせあせ(飛び散る汗)

私のクラスは「ヴァイオリンをやりたくてもやれなかった
大人の方に来て頂きたい」という思いからスタートしたので
大人から楽器を習い始めた方が多いのですが
この頃、お子さんの入会も増えてきました。
ご自分のお子さんを連れてきて下さる方もいるので
嬉しいことだなぁ〜と感謝しています。

以前から、大人の方のレッスンは好きだったのですが
最近、こども達のレッスンも面白くなってきました。
年齢的なこともあるのかもしれません。
子どもたちのレッスンは、大人の方のレッスンと違う
面白さがありますね〜!

小さなお子さんのレッスンでは
リズムを手でたたいたり
リズムをヴァイオリンで弾いたりしています。
手をつないで、ダンスをすることもあります。

字も読めない年齢の子も、記号には興味があるみたいで
私に「てんてんして〜」と、五線譜を持ってきます。
五線譜のノートの表紙には、音符のイラストが描かれていて
子どもたちはそれが好きみたい。
私に、「えっと、これ〜(描いて)」とお願いしてきます。
点線で音符や記号を描くと
それをなぞって、嬉しそうにしています。

指している音符や記号をみて
「これは、はちぶおんぷ だよ。」とか
「はちぶおんぷには、おひげが1つあるよ。」
「じゅうろくぶおんぷには、おひげが2つだね〜」
と声をかけながら、点線で描いています。

先日も「これ描いて〜」と音符を指していうので
8分音符を点線で描いたら、それを指して何かを言っています。
よく聞くと、「ふたちゅ〜(2つ)」と言っています。
よくよく見ると、16分音符を描いてほしいと言っていたのに
私が間違えて、8分音符を描いてしまっていたのでした・・・たらーっ(汗)
はい、先生の間違いですぅ〜おひげは2つでしたねぇ〜
みんな、いつの間にか、覚えているんですね〜すごいです。
私は、日ごとに、色々なことを忘れていくような。。(汗)

音符を描いた後は、その五線譜を譜面台に置いて
「ばいおりん、する〜」と言って、音符だけではなく
ト音記号も、休符も、#(シャープ記号)も弾いてくれます!
キラキラした目で、「できた〜」と嬉しそうな顔。

大人になると忘れてしまうことを
目の前でみせてくれる子どもたち・・・
有難い存在ですぴかぴか(新しい)


平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp
posted by YUKI HIRANO at 23:47| レッスン