2016年07月11日

どのような存在か?ということ

皆さん、こんにちは。
7月に入って、急に暑くなりましたね。。
そんな中、近くの林から、うぐいすの鳴き声が聴こえてくると
少しホッとします。

さて、以前ブログに少し書きましたが
私は今、ヒーリングを学んでいます。

このヒーリングでは、オーラ(ヒューマン・エネルギー・フィールド)の状態を
調整をさせていただくのですが
それらを感じとることを訓練するとともに
施術させていただく私達の状態が、ヒーリングをする上でとても重要なので
自己観察していくことを続けています。

以前、ある方から
「何をするかではなく、どんな自分がそれをするのか。
その(自分という)存在が人を癒す。」という言葉を
教えていただいたことがありました。
確か、私がセラピーをする中で悩んでいた時に
その言葉を教えていただいたと思います。

方法やテクニックは、もちろん知っていることが必要ですが
最終的に大事なのは、私がどのような存在として、その人の前に立つのか、
ということだと、その時思いました。

今学んでいるヒーリングでも同じです。
そして、音楽でも同じですね。
きっと、何にも通じることなのでしょうね〜
ヒーリングの練習をしながら、そのようなことを思い出しました。


平野有希のHP:http://y-hirano.skr.jp/
障がいをお持ちの方への音楽アトリエ:http://y-hirano.sakura.ne.jp

posted by YUKI HIRANO at 21:28| セラピー&ヒーリング