2015年12月31日

今年を振り返って

なかなかブログを更新できないまま
大晦日がきてしまいましたぁ〜(汗)
皆さんは、どのような1年でしたか?

今年初めに、1年の目標を立てていました。
アーツセラピーの勉強会で描いた絵が
身体の中の「腸内環境」のようにみえ
いろいろなもので詰まってパンパンになっていたので
これは出さないといけない!と思い
『今年は、ヴァイオリンで演奏をしていきます』と宣言したら
不思議なことに、いろいろな演奏の機会をいただくことになり
久しぶりにクラシック音楽を演奏する1年となりました。
これがその絵です。充満している感じでしょう??(笑)
腸内環境.jpg

私がセラピーを始めた動機に
幼少時期からのヴァイオリンに対しての劣等感が関係していることは
以前のブログ(2014.1.1)に書きましたが
近年、その劣等感を感じることがなくなってきていたとはいえ
「もう一度、クラシックの世界に戻ると一体どう感じるのだろう?」ということが
ずっと心にひっかかっていました。
でも、色々なステージの場で、私が私のままい続けられ
「もう私は大丈夫なんだ」とハッキリ感じられました。
自分の中で1つの節目を終えたことを確認できたので
次のやることに向けて進みます!

それから、演奏以外にも
今年は、香港でのアーツセラピーの国際学会に参加し
とても素晴らしい先生方のワークを受けることが出来ました。
そこでは改めて「人とつながること」が好きなんだと気づかされました。
今の私にとって、「人とつながること」は
心と心が触れ合うこと、なのだと思います。

ワークショップの中で、2,3人のグループワークをする時間がありました。
同じ場にいて、一緒にやっているのにも関わらず
ずっとなにか相手の方々との距離があるように感じていたのですが
最後の最後に「つながった」と思えた瞬間がありました。
その時の満たされた感覚は、、、とても幸せでした。

このような感覚を日常で持つことが出来るなら
私たち1人1人の中で、この感覚を増やすことが出来るなら・・・
何かが変わっていくのでは、と思いました。
でも同時に、このことに意識的にならなければ
人と人が同じ場にいても、このようにはならないのだとも思いました。
まずは、私自身からやっていこうと思います。
今年もありがとうございました。


平野有希のHP
http://y-hirano.skr.jp/
posted by YUKI HIRANO at 23:22| 日々の出来事