2015年09月24日

ヒーリングの無料体験会

みなさん、こんにちは。
季節の変わり目で、風邪をひかれている方も
多いようですが、みなさんは大丈夫でしょうか?

さて、今日は、私が学んでいるヒーリングの
イベントのご案内をしたいと思います。

でも、その前に「ヒーリング」って一体な〜に?
ということからお話しないといけないですね。
今、世間には、多種多様なヒーリングがあると思いますので
簡単に説明をすることは難しいのですが
まずは、私がヒーリングというものと出会ったお話を
してみたいと思います。

2014年1月1日のブログに
セラピーに興味を持ったきっかけや
私自身のことを少し書いていますが
10年以上、心身ともに不調な時期がありました。
身体の不調があったので、まずは病院へ行きましたが
症状を抑える対処療法か手術かしかなく
他になにかないのだろうか?と調べているうちに
東洋医学や、ホリスティック医学のことを知りました。

ホリスティック(holistic)という言葉は
「全体性」を意味するギリシャ語「ホロス(holos)」が語源らしいのですが
そこから派生する言葉には
「whole(全体)」「heal(癒す)」「health(健康) 」などがあるそうです。
その時の私には、なんだかわかりませんが
この「全体性」という言葉が、とてもしっくりきました。

身体の状態だけではなく、こころの状態だけではなく
「わたし」を包括的に捉える見方が、なんだかいいなと思ったのです。
身体、感情、精神、霊性の全ての視点から「わたし」を捉える・・・
今までの私にはなかった考え方でした。

「全体性」ということについて考えながら
ふと立ち寄った本屋さんで、1冊の本を見つけました。
これが「ヒーリング」との出会いになりました。

作者のバーバラ・ブレナンさんは、ヒーラーですが
科学者でもあり、NASAにも勤務されていた方なので
この本では、ヒーリングのことが理論的に説明されていました。
理論的なことに弱い私には、書かれてあることの全てを
理解することは出来なかったのですが ふらふら
それでも、とてもしっかりとしたヒーリングであるということが
感じられましたし、アメリカでは、医師や看護師などとともに
ヒーラーがチームを組んで医療に携わっていることも知りました。
ヒーリングって、怪しい印象のほうが大きかったけれど
そうではないのかもしれない、と思いました。
彼女のヒーリング・スクールは、フロリダ州の単科大学として認定されていて
その卒業生が日本にもいるとのこと。。
このようなヒーリングであれば、一度受けてみたいと思って
今の先生のところへ通い始めたのです。

このような経緯でヒーリングと出会い、10年以上が経ち
今は、その先生から、ヒーリングを学んでいます。このヒーリングは
先生がこれまでにしてこられた様々な勉強や、施術の体験に基づいて
新たに形づられたオリジナルなヒーリングとなりますが
そのヒーリングクラスの基礎コースを修了し
10月3日(土) 4日(日) の午後に行われる「ヒーリング無料体験会」にて
ヒーリングをさせていただけることになりました。
まだ、もう少し空き枠があるようです。

先程も書きましたが、ヒーリングのhealは
全体性という言葉から派生しているので
ヒーリングの在り方は、まさに
全体性に立ち戻っていく、ということなんですね。
それを思い出していく、ということなのかもしれないと
最近、私は思うようになりました。

両日とも、午前中は、先生によるミニ・ワークショップが
行われます。どちらかだけ参加することも出来ます。
イベントの詳細や、ヒーリングとはなにか?ということも
先生のブログに掲載されていますので
ご興味のある方は、ご覧になっていただければと思います。
http://healingmahora.jugem.jp/?day=20150918

また、少しずつ、ヒーリングについても
書いていきたいと思います。
お読みいただき、ありがとうございました。



平野有希のHP
http://y-hirano.skr.jp/
posted by YUKI HIRANO at 14:14| セラピー&ヒーリング

2015年09月13日

夏の想い出 そのA

8/30にアーツセラピーのワークショップ(WS)を行いました。
今回は、音楽をされている人が対象で
1人1曲、それぞれ好きな曲を事前に準備して
自分とつながって表現する、というテーマのワークショップでした。

これまで、即興的に楽器を使ったことはありましたが
曲を演奏するワークショップは、初めての試みです。
発表会など人前で演奏する時に
うまく弾けた、うまく弾けなかった、ということだけで
終えてしまっている方が多いような気がしていて
もっといろんな観点から、人前で弾く体験ができる
そのような場を持ちたいと、ずっと思っていたのです。

WSでは、まず初めに皆さんに演奏していただき
その時のご自分を絵に描いていただきました。
今回、うっかりカメラを忘れてしまったので
ブログ掲載OKと言ってくださった皆さんから送っていただいたものを
少しご紹介しますね。

WS5.png

自分のイメージと現実を分断しているラインや

WS2.jpg

自分と外側との間の枠

WS4.png

妨げるものを描かれた方もおられました。

WS3.jpg

絵を皆さんでシェアしながら
描いた時の気持ちだけではなく
今新たに、絵からどんなことを感じるかということも
感じていただきました。

WS.png

描いた直後には
『周りに靄がかかって視野が狭くなり、
中央にはかすかに音楽のイメージが見える
その周りは、焦り(赤)や緊張(オレンジ)で囲まれ、
その上には、すべてを冷静に見つめる自分(水色)がいる』
と感じた絵も
『水色が本当の自分で、赤やオレンジは
自分に反してなぜか出てくるものと捕らえていたけれど、
赤い帽子にオレンジ髪の姿が「私はこっちだよ」って言ってるように見えました。』
と感じたりされたようです。
面白いですね〜るんるん

その後、皆さんにそれぞれの絵の中の
自分になっていただき
他の方にも手伝っていただいて
それぞれ描いた絵を、1つずつ演じてもらいました。

最初は、絵のままを表わしてもらったのですが
そこから展開していって
いいたい言葉を発してみたり
他の人と追っかけっこになったり
絶対に乗り越えられないという障害物を
ひょんな拍子でするりと下から通り抜けてしまったり・・・
また、演じてみると、新たに感じることもあったようでした。

最後にもう一度、演奏をしていただきました。
皆さんの演奏に、とてもじーんときました。
音も、音楽もよくなっていたけれど
皆さんが、心をオープンにして弾いていて
その場にいる人達に対している・・・
弾いている人と聴いている人が対していて
そこに触れ合いが生じているのを感じていました。
とても素晴らしい空間でしたぴかぴか(新しい)

そして、私自身の演奏も
そんな風にありたいな、と強く思ったのでした。。


平野有希のHP
http://y-hirano.skr.jp/
posted by YUKI HIRANO at 00:17| ライブ&イベント

2015年09月12日

夏の想い出 その@

皆さん、こんにちは。
ずいぶん涼しくなりましたね〜
私のもっとも好きな季節がやってきました。
このところ、朝晩、これまで聴いたことがない
鳥の鳴き声がしています。
あなたは誰なの?どこから来たの?と気になりながらも
調べないところが、ワタシのよい(?)ところです。。

さて、今年の夏は、幾つか心に残ることがあったので
ブログが追いついていないのですが
少しずつ書いていきたいと思います。

まずは、『R・ピアノ教室』 課外授業 in 篠山〜
『R・ピアノ教室』を主宰している、れいこさんは
生徒さんたちが一緒に学んで、準備をして作っていく
課外授業の他、たくさんのイベントをされています。
今回は、れいこさんの地元、篠山にて
ヴィヴァルディの音楽を体感してみよう〜という企画でした。

篠山.jpg

篠山は、自然豊かで
あちこちに畑や田んぼがあって
とっても心地よいところでした〜
会場2階の窓からは、田園風景が広がっていて
演奏するヴィヴァルディの「夏」にぴったりのシチュエーション!
この曲では、鳥の鳴く声や、そよ風、雷雨の音
羊飼いや農夫の心情描写などが、音で表されているのです。

会場内には、黒板にれいこ先生の字が〜〜まさに授業を思い出します。
子どもたちも、模造紙に写真を貼ったり、文字を書いたり・・・
1年かけて勉強してこられたことを展示されていました。

篠山1.jpg篠山2.jpg

そして、いよいよ、お客さまをお出迎え…
大きな生徒さんが、小さな生徒さんをフォローしていて
とてもほほえましかったです。

篠山3.jpg

課外授業では、生徒さんたちが
お客さまにわかりやすいように
曲にでてくる鳥のパネルを見せたり
鳴き声を聴いてもらったりした後に
私たちの演奏を聴いていただきました。

篠山4.jpg

ヴァイオリンを体験してもらうコーナーもありました。
休憩時間には、体験できなかった沢山の子どもたちが
ヴァイオリンを触りにきてくれました。

篠山5.jpg

楽器から音が出た時や、演奏中に
子どもたちの目がきらっと光るのをみて、嬉しくなりました。
感性に触れた瞬間を味わえるって
とってもしあわせだなぁ〜
私は、これが好きなんだな〜、と、改めて感じた1日でした。

れいこさん、そして生徒の皆さん
いい体験をありがとうございました。
来て下さったお客さまも
楽しい時間をありがとうございました。

篠山をのんびり散策できなかったのが残念なので
またぜひ、遊びにいきたいと思いまーす!


平野有希のHP
http://y-hirano.skr.jp/
posted by YUKI HIRANO at 13:23| ライブ&イベント