2015年03月21日

ヴァイオリンとアーツセラピー

暖かくなったり、寒くなったり、着る服に困る毎日ですが
春がそこまで来ているのを感じて、嬉しくなりまするんるん
なぜ春を感じると、微笑んでしまうのでしょうか???

さて今日は、今年のアーツセラピーを使ったワークショップ(WS)のご案内です。
現在、5/17(日)と8/30(日)に、WSを予定しています。

5月は、声を使って自分の内側とつながる感覚を体験し
そのつながりを保ったまま、身体や楽器で表現していくワークを行います。

8月は、事前に3分ほどの短い曲を準備していただき
当日お一人ずつ演奏していただいた後、それぞれの方が
より、その人の中にあるものを表現していけるようなワークを幾つか行い
最後にもう一度演奏していただいて、皆さんでシェアをするといったことを
行っていきたいと思います。

最近は、ヴァイオリンのレッスンの中でも
身体を使ったり、声を使ったり、絵を描いたり
楽器を弾く前に、音楽を体感することを取り入れることがあります。
先日も、あるお子さんのレッスンで、少し取り入れたのですが
30分の間に、別人になったか?と思うくらい、とてもいい感じの演奏になり
本当に面白いものだな〜と、つくづく感じていました。

それは、その人の中には、すでに、その音楽がある、ということですよね。。
それを共に感じながら、引き出していくことが、私の役割なのでしょうね。。
思い返せば、私自身も、先生にそうしていただいていたな、と
今になって思うのでした。。

それぞれの人の中に、その人自身のエッセンス(光)があります。
実は、私は、そのようなものが自分の中にあることを
長い間、感じることがありませんでした。
でも、今は、それがあることを感じています。
そして同時に、人の中にも、それを感じるようになってきました。
ご本人が、今はそれを感じられなくても、それは、そこにあるものなんですね。。
そして、それは、1人1人違っていて、とってもユニークなもの・・・
そのことを、大事にしていけるような、、、そんな仕事がしていきたいと
改めて思ったのでした。


平野有希のHP
http://y-hirano.skr.jp/
posted by YUKI HIRANO at 13:14| ライブ&イベント